アコム増額審査よりもノーローンが新規申し込みがおすすめな理由!初めてなら無利息!即日融資可能で安心なカードローン

 

急にお金が必要になった時、カードローンを利用して何とか乗り切ろうと考える人は多いようです。

 

最近ではカードローンの利用者もずい分増えていますので、利用すること自体にはそれほど抵抗を感じません。

 

一般的には全くの新規から申し込むよりも増額審査を受けた方が楽だといわれていますが、中には新規での申込みでもスムーズに融資を受けられるケースがあります。

 

たとえば、ノーローンは新規でも即日融資が受けられる金融会社です。

 

シンキ株式会社の運営する会社であり、シンキ株式会社は新生銀行の子会社である新生フィナンシャル株式会社の100%子会社です。

 

そのため、契約や借入、返済の時には新生銀行が提供する銀行カードローンのレイクのATMを使うことができますし、新生銀行のATMも利用可能です。

 

ノーローンが利用しやすい理由の一つに、即日融資に対応していることがあげられます。

 

来店する必要もなく、その日に融資を受けることができます。

 

お金が必要になるのは急なことが多いので、スピーディーに処理を進められるのは非常に大きなメリットです。

 

審査時間は最短で20分程となっていて、業界内でも最速といえます。

 

お金を借りたい人にとって、その日のうちに用意できるというのはポイントが高くなります。

 

即日融資が可能なだけでなく、1週間無利息サービスも実施していますので、短期間で借りて返済するという手順を繰り返す人もいます。

 

1週間無利息サービスは何度でも適用されますので、この辺りが大きなポイントとなります。

 

最初の契約の場合にしか適用されないとその契約でより多くのお金を融資してもらうと考えて、結局は無駄な分まで融資を受けてしまうことがありますが、

 

ノーローンの場合は何度でも利用できますので必要な分だけをよく考えて利用することができます。

 

その場合、利息は利用日の8日目から超過日数分のみとなり、完済日の翌月以降は1週間無利息という優れたサービスを提供しています。

 

24時間リアルタイムで借入や返済をすることができるのですが、これは楽天口座を持っている場合です。

 

楽天口座があれば、パソコンやスマートフォンを利用していつでも借入や返済が行えます。

 

24時間利用できるサービスはなかなかありませんので、楽天口座を持っていればかなり使い勝手が良くなります。

 

ノーローンの場合、やはりもっとも大きな魅力は無利息期間が1週間あって何度でも利用できることと、審査が非常にスピーディーで即日融資が受けられるという点です。

 

カードローンを利用する人は少しでも早くお金を用意したいと考えていることが多いので、審査が迅速に行われるというのは見逃せないポイントです。

 

更に、楽天口座を持っている人も最近ではずい分増えているようですが、楽天口座があれば24時間いつでも利用できるようになるという使い勝手の良さも売りです。

 

24時間対応のところはなかなかありませんので、大きなメリットになるはずです。

 

ノーローンと新生銀行レイクカードローンで両方お金借りれる? 金利ゼロキャンペーンは使える?

 

新生銀行では、「レイク」と「ノーローン」の2種類の小口融資を提供しています。どちらも専用のカードを利用して、利用限度額の範囲で借入れを繰り返すことができる金融商品です。

 

基本的なシステムが同じなので、どちらを利用するべきなのか、また両方利用できるのかと悩まれる方もいます。

 

正確に言えば、新生銀行が提供するカードローンが「レイク」、新生銀行グループの消費者金融会社が提供するキャッシングが「ノーローン」です。
商品の貸付条件は以下の通りです。

 

レイクは満20歳〜70歳まで、最高融資額500万円、年利4.5%〜18.0%、収入証明は原則不要ですが必要と判断された場合に提出が求められることもあります。

 

対するノーローンは年齢制限なし、最高融資額300万円、年利4.9%〜18.0%、審査時の収入証明書は原則50万円まで不要です。

 

両方の商品を同時に利用することは可能です。ただし、異なる会社の商品なので個別に申し込みが必要で、審査に通過することが条件です。また、2社までなら同時の申込みは不可能ではありませんが、審査落ちのリスクが高くなるので、期間を開けて申込みをした方が良いでしょう。

 

ちなみにノーローンは総量規制の対象になっており、年収3分の1を超える貸付を受けている場合には借入れは出来ないので注意しましょう。レイクには総量規制の制限はありません。

 

レイクもノーローンも無利息で利用できるサービスがあります。これも審査に通過できれば利用することが可能です。

 

レイクの金利ゼロキャンペーンは、「借入5万円まで180日間無利息」または「借入金全額が30日間無利息」のいずれかを選択することができます。

 

ノーローンの金利ゼロキャンペーンは、「完済した翌月は1週間無利息」が適用されます。契約後初めの1週間は無条件で無利息、以後も完済した翌月の1週間は無利息で借りることができます。

 

各社で無利息サービスは行っていますが、基本的にはレイクのように新規契約者に対して契約から30日間無利息が一般的です。そのため、ノーローンのような継続的に無利息で借りることができるサービスというのはあまり見かけないので、かなりお得な無利息サービスでしょう。

 

カードローンやキャッシングは生活費、交際費、旅費など生活上の費用の足しに利用する借入れなので大金を借りるのには向きません。また、金利が大差ないとなれば、審査の緩さや利息サービスなどを優先して選ぶのが基本になります。

 

ノーローン 新生パーソナルローンはセブン銀行ATMで使える?手数料について

 

ノーローン新生パーソナルローンは手軽に利用出来るキャッシングの一つとして利用者が多くいます。もちろん専用のカードを利用したキャッシングとなっており、お金を借りる際は提携銀行のATMからでも引き出す事は出来るようになっています。セブン銀行ATMは提携銀行のATMなので、ノーローン新生銀行パーソナルローンでキャッシングをする際に利用は可能です。

 

ただ実際に利用する場合は、祝日を含む月曜の場合は5時からの利用となっています。また祝日を含む木曜日の場合は1時30分からの利用となっており、それ以外の時間は利用不可となっています。

 

さらに祝日を含む第3日曜日は午後8時から午前0時までは利用出来ない事になっているのです。もちろんセブン銀行のATMは24時間営業のお店にだけ設置されているだけでなく、閉店時間がある店舗もあるため、その場合はもちろん閉店後の利用は出来ません。さらに、全てのカードがセブン銀行ATMで利用できるわけではなく、マークが同じカードでも利用できない可能性もあります。もちろん他の金融機関と同じ様にシステムメンテナンスが行われている場合は、利用可能時間で、さらに前に利用出来たカードを使ったキャッシングであっても、利用出来ない可能性があるので注意しなければいけません。

 

セブン銀行ATMでノーローン新生パーソナルローンは利用出来ますが、利用に際して手数料が発生します。手数料は取引金額によって違っており、取引金額が1万円以下の場合は消費税を含んで108円が手数料として徴収される仕組みです。また1万円を超える取引金額が1万円を超える場合は、消費税を含んで216円が手数料として徴収されます。また、この手数料自体は合計の取引金額に対して徴収される物と言う訳ではなく、もちろん取引をするたびに徴収される形となっています。

 

従って、セブン銀行ATMでノーローン新生パーソナルローンのキャッシングを利用する回数が多くなればなるほど、月々の手数料の合計額は高くなる仕組みです。またこまめにお金を借りる方が借りすぎを防ぐ事にもつながりますが、何度もATMを利用するとその分手数料分の負担が増します。その為、1ヶ月当たり借りる金額が大体分かっている場合は、あらかじめその合計額を借りる方が手数料分の負担を軽減する事が可能です。ただこの手数料の額自体はセブン銀行ATMを利用する場合だけの額ではなく、他の金融機関のATMを利用した時も同じ様に手数料が発生します。

 

 

 

ノーローンは審査厳しい?在籍確認は勤務先に連絡ある?

 

ノーローンは一定期間無利息のキャッシングで、短期の借り入れなら元金の返済だけで済むサービスのことです。

 

一般的にこのタイプの借り入れは審査が厳しく、また勤務先に対する在籍確認もあるとの噂です。

 

噂の内容は本当なのかどうか、それを確認してノーローンを理解することが、キャッシングの希望を実現する為の要点です。

 

一定期間ノーローンなら無利息で融資してくれる、これは本当で間違いありません。

 

在籍確認の連絡も本当ですから、どちらの噂も真実に限りなく近いと結論付けられます。

 

では審査はどれほど厳しいのかといえば、職業や収入によって変わると答えられるでしょう。

 

会社勤めで安定した収入がある人なら、過去に借り入れのトラブルを起こしていない限り、案外すんなりと融資が認められます。

 

それも数十万円から100万円オーバーという限度額で、即日キャッシングも不可能ではありません。

 

ノーローンの利用を検討する以上は、短期間で返済の目処が立つ数万円の借り入れが現実的です。

 

これなら審査の難易度は下がりますし、思ったよりもあっけなく融資の希望が叶う結果に繋がります。

 

会社勤めかつ安定収入であれば、この位の低い難易度で審査が済むこととなります。

 

逆にアルバイトやパートはどうかと問われれば、こちらも同様の難易度で済む可能性が高めです。

 

正社員よりも平均的に年収の低い勤め方ですが、収入が安定しているならキャッシングの妨げにはなりません。

 

むしろ借り入れの希望は叶いやすく、融資の実現と一定期間の返済という猶予が与えられます。

 

ここで審査の難易度を上げない要点は、過去に信用情報に傷を付けておらず、今の勤務先で安定的に収入を得ている二点です。

 

信用情報の状況は結果に大きく響きますから、返済の際に遅延を発生させていないことが大前提です。

 

安定収入も融資の決定に影響する要因なので、転職を頻繁に繰り返すよりも、一ヶ所で長く勤めている人こそが有利です。

 

つまり多くの場合は審査を厳しいと感じることは少なく、比較的早い段階で結果が出るに至ります。

 

 

唯一の例外としては、信用の担保や収入の安定性がない自営業が挙げられます。

 

この働き方を行っている人は、例えサラリーマン並みの年収があるとしても、信用度はやや低く評価されがちです。

 

その点会社勤めだと在籍確認はあるものの、電話を受けて答えるだけで融資の有無が確定します。

 

在籍確認は判定前の最終段階で行われるので、勤務先に電話があるということは、キャッシングの実現がほぼ確定したのと同じです。

 

電話連絡自体はナシにできませんが、個人名を名乗る担当者の問いに答えることで、審査が厳しいとされるノーローンの借り入れが実現します。

 

 

ノーローンのおまとめローンは審査厳しい ほかの消費者金融でお金借りてる場合

 

ノーローンのキャッシングは、一週間無利息でお得です。一度きりだけではなく、全額返済をした後に再度借り入れる場合も一週間無利息です。そのため、ちょっとした借り入れを繰り返すパターンなら負担をほとんどなくすることもできます。もちろん、普通に利用しても問題ありません。再び完済すれば一週間は無利息となります。

 

ノーローンは、ほかの消費者金融で借りている場合には、当然審査が厳しくなります。これは、返済をすることができるかどうかの判断にかかわってくるからです。審査基準が公表されているわけではありませんが、お金を貸す側は返済能力の有無を審査でチェックします。

 

他社からの借り入れが多ければ、当然返済をすることがそれだけ難しくなりますから、収入がきちんとあるかどうかといった要素が厳しめに見られることとなります。その結果、普通に借りるよりも厳しくなります。

 

ノーローンは消費者金融業者であるため、総量規制の適用を受けます。すでに年収の3分の1以上の借り入れがある方は申し込んでも落とされてしまいます。しかし、おまとめローンは総量規制の適用外で、ノーローンはおまとめるローンも提供しています。そのため、おまとめローンであれば年収の3分の1以上の融資をすでに受けている方でも、一本化するための融資を受けることが可能です。

 

ノーローンの審査通過率は公表されているわけではありませんが、ネットの体験談などを基にすると、約30%ほどといわれています。これは、消費者金融の中では厳しい部類に入るといえるでしょう。利息が一週間無料というサービスには良いところがありますが、その分厳しめになっていると推測できます。

 

ただし、おまとめローンの場合は一週間無利息のサービスがないのと、返済専用の融資であるため、追加借り入れができないところは注意点です。逆に言えば、返済専用なので返済に専念することができるところがメリットです。

 

ノーローンのおまとめローンの上限は400万円ですが、金利の下限が12パーセントと中途半端です。通常借入額が大きくなるとその分金利が減るのですが、他社の限度額がもっと低いところと比較しても一番安くはありません。したがって、あまり利用するうまみはありません。

 

しかし、すでにノーローンを利用している方なら、返済実績などが加味されて審査に通りやすくはなるでしょう。したがって、ノーローンを利用している方がおまとめをする際に利用する分には審査に通りやすくなるメリットはあります。

 

 

ノーローンの返済方法について キャッシング延滞したらどうなる?

 

消費者金融などが提供しているノーローンのキャッシングの返済が遅れた場合とうなるか知りたいと考えた事はありませんか?どのようなローンでもそうですが、ノーローンのキャッシングの返済が遅れた場合でもペナルティは必ずあります。支払いが数日遅れだけだとペナルティはなく、せいぜい銀行の振り込み手数料を負担する程度です。

 

しかし1週間程度遅れると遅延損害金が発生します。こちらの手数料は通常の金利手数料よりかなり高く、期間が長くなると月に1000円くらい出費を別に負担しなければいけなくなります。しかし締約日から一カ月以内に支払えば、遅延損害金の支払いだけで済みます。

 

 

支払いが1カ月以上遅れると遅延損害金が加算されるだけでなく、利用可能額が減られる可能性が非常に高くなります。最初は10000円くらいの削減ですが、未払いの期間が長くなればなるほと削減される金額が大きくなる事を考えておかないといけません。

 

利用可能額が削減されている間に未払いを解消したら遅延情報は解消されるので、ノーローンのサービス自体は利用できますが、利用可能額は削減されたままになります。もとの利用可能額に戻すためには、3年から年というかなり長期間に渡りきちんと支払いをして、再度信用を勝ち取らないと行けないです。

 

 

さらに支払いが遅くなると遅延損害金や利用可能額が削減されるだけでなく、強制解約という強硬手段に出る可能性が非常に高くなります。ここまでなるとサービスを提供してもらいたいのであれば、すぐに支払わないと行けません。しかも利用可能額も最低限になるので生活を切り詰めないと行けなくなります。

 

支払いがどうしても出来ないのであれば、金融機関に事情を説明して、契約変更をしてもらう必要があります。しかし金融機関によっては自分自身で交渉しても交渉に応じてもらえない場合もあります。

 

そのようなパターンの金融機関だったら自分自身で金融機関と話をするのではなく、法律のプロである弁護士や司法書士に交渉を依頼するのが得策です。弁護士や司法書士は着手金が必要になりますが、相談料や弁護士費用などの支払いに関してはきちんと相談に乗ってもらえるので、安心して弁護士や司法書士などの専門家に任せた方が良いです。

 

ノーローンのキャッシングを遅延したらこのような非常に厳しいペナルティを課せられる事があるので、最初に金融機関と約束をした締約日にきちんと支払わないと行けないです。